あわのネ

お申込み
アーティスト一覧
ボランティアスタッフ募集
メールお問い合わせ フォトギャラリー フラワーパーク

ライブ出演者Artist

《夜の部》
ズクナシ
Venue Vincent
《朝の部》
公開準備中

あわのネステージ出演者プロフィールArtist Profile

SMP

2014年、幼い頃からブルーグラス、カントリー・ミュージシャンと共にセッションを積み重ね、現在digdaのギタリストでもあるkentalouとキーボーディストとして夜のヒットスタジオや横浜アリーナ長嶋スパーランド、横浜スタジアムなどの大型フェスに出演していたmacotchangを中心とし、リスペクトするミュージシャンとともに日々進化し変化する歌ものJAMBANDを結成。本年よりbassにatsuが加入。英国のRising Records よりアルバムリリースのヘヴィーメタルバンドimmortal Senseで活動し2008年よりコントラバスを始めジャズベースを生沼邦夫氏に師事。2014年よりdigdaのベーシストでモーフの旅(Yoreyore)率いるmorf’s Trip Band、ジャズピアニストJohn中山のJohn Nakayama Trio(JNT)のコントラバス奏者としても活動する。
ゆるい歌声と摩訶不思議なキーボード、そしてbass,独自の世界観をもつ。
toneriver jam LStD 満月祭、選挙フェスなどの野外フェスからカフェ、バーなど神奈川、東京を中心に活動。。
昨年より群馬を拠点とする。

http://sweetmambop.jimdo.com
https://m.youtube.com/watch?v=u69994jttzQ


南波政人

「25 FOOLIGAN」「wash?」を経て、現在はソロで活動中のシンガーソングライター。よりストレートに歌声と言葉を届けたいのでアコースティックサウンドを選択。2015年5月にnew アルバム「ただ君に認めてほしいだけなのさ」を発売。相棒のGibson J-50(1957年製)を背負って、場所を問わず歌い続けている。
今回もフルバンドセットで「あわのネ2017」に出演します。


宇田川別館バンド

渋谷・宇田川町発、情熱の夜遊びシティポップ「宇田川別館バンド」

宇田川別館バンドは「情熱の夜遊び」をテーマにSoul、Funk、R&B、Hip Hopなどブ ラックミュージックの要素をバックグラウンドに持ちつつ、どこか人間臭い真っすぐな音楽を奏でる8人編成のビッグバンド。

ヴォーカルのヒロは、渋谷で15年目を迎えるミュージックカフェ&バー「宇田川カフェ別館a.k.aラヴァーズロック」立ち上げメンバーのひとり。

現在は店長を務めながら、大型野外フェス『FUJI ROCK FESTIVAL』のCrystal PalaceTent、『朝霧ジャム』Carnival Starにて、「Caribbean Dandy」の 一員として、2013年から4年連続MCを務める実績をもつ。
2016年より主催するレギュラーイベント「Udagawa Half Time Show」では、 「鎮座DOPENESS」「Moomin」「Libro」「J-Rexxx」「前川真悟(かりゆし58)」など、ジャンルの垣根を超えた豪華なゲストを迎えてのセッションを繰り広げ、大きな注目を集めている。
最新作であり初のファーストフルアルバム『Udagawa Bekkan Band』を4月28日(シ・ブ・ヤ)の日に全国発売開始。
4月21日には東京・渋谷のスターラウンジにてゲストに韻シスト、4月28日には宇田川カフェ別館にてゲストにDJ JIN、DJ YAS、刃頭を迎えて2週連続でリリースパーティーを開催する。
シブヤから日本を元気に!を掲げて夜遊びはまだまだこれから!!!


MV「Moonlight Beerhall」
Album Udagawa Bekkan Band特設ページ
宇田川別館バンド HP
E-mail udagawabekkanband@mail.com


SAIRU

「旅する音楽」を掲げ、REGGAE・ROCK・JAZZ・HIP HOP・民族音楽なとどバックボーンの異なる5人 のメンバーが土臭く感情的な人生のSOUNDTRACKを奏でる雑食音楽集団。 LIVEにおいてはインストゥルメンタルにも関わらずアジテーターが喋り・煽り続ける独自のスタイルが異才を放つ。 屋内外問わず日本各地のクラブ・ライブハウス・野外フェスをお騒がせ中! リリース音源 2010年 12インチレコード「AFTERGLOW」 2012年 1st ALBUM「ENCOUNTER」 2015年 2nd ALBUM「NOW OR NEVER」 2016年 7インチレコートド「BEER FOR NOW」 Member Kohei:Agitator, Gut guitar, MPC 尾崎高太:Guitar 松浦要介:Drums Kinosan:Sax Leverett:Bass

【WEB】
【Facebook】


No entry

オーガニックグルーヴとエレクトロフィーリング、至福へ誘うキャンプトロニカバンド。 オールドヒッピーの村の祭りから国内外の野外フェス、レイヴ、クラフ?、ライブハウス、カフェなどあらゆるパーティーでライブを展開。 2008年1st Album『daydream trip』リリース。 収録曲がiTunes storeジャンル別ワールドチャート1位、映画『BECK』に使用されるなど好評を得る。 野外フェス『UNITE!!!CAMP』をオーガナイズ。 2012年には2nd Album『FUTURE WITH HOPE』をリリース。 各地のフェスを巡るリリースツアーファイナルは初のワンマンライブで200人を動員。 2013年エレクトロニカアーティスト、sphontikとのコラホ?シングル「春」をデジタルリリース。 台湾最南端のビックフェス「SPRING SCREAM 2013」に出演。 現地のパーティーピーポーから熱い支持を得る。2014年メンバーチェンジを経て3rd Album「yes」をリリース。 東海ラジオ、今月のパワープレイプッシュに選ばれるなど好評を得る。 2015年FUJI ROCK FESTIVAL出演、Gypsy Avalon Stageにて多くのフジロッカー達を沸かす。 2017年は活動12周年! ニューアルバムへ向けて楽曲制作中。

CHAN-MIKA

横浜出身。Clubカルチャーに触れ歌いはじめる。 ソウル、ジャズ、レゲエの生音に魅了されBAND活動する一方、ニューヨーク、ロサンゼルス、ジャマイカ、オーストラリア、台湾、パラオでのセッションを重ね作詞、作曲、歌唱、オリジナリティーを探求していく。鎮座DOPENESS&DOPINGBANDに加入。 2012年8月、1stアルバム『SIDE 2 SIDE』を発売し、iTunes “BEST NEW ARTIST”(Reggae部門) を受賞。 自主レーベルnatural vibes recordsを立ち上げ、精力的に活動している。 暖かみのあるファンシーなハスキーボイスと度肝を抜くファンキーなライブパフォーマンスはフェス~ライブハウス、バーやカフェ、お祭りとステージを選ばずオーディエンスを取り込み、揺らしている。 2013年12月、セルフプロデュースで制作された2ndアルバム『SUN TRACKS』を発売後、JET SET RECORDSとWネーム7inchカラー・ヴァイナル発売。即SOLD OUTとなる。 2015年2月、旧友Hatayoungと共同制作したミニアルバム「SU☆MIKA☆E」を発売。 2016年2月、ギターリスト長崎真吾をプロデューサーに迎え、ミニアルバム「Back to Where」を発売。 ラフでタフな女性シンガー“CHAN-MIKA”が今、ネクストステージへの一歩を踏み出す。

JOHNSONS MOTORCAR


スコットランド系アメリカ人のMARTIN、アイルランド人BLACKO、オーストラリア人COLEMANに紅一点、小柄でキュートな日本人ドラマーRINAMAMEからなる多国籍アイリッシュバンド。 彼らの音はパブでの長い下積みで鍛えられた。 どこか懐かしくも新鮮で、ざわめく酒場の雑踏をにぎやかな歓声に変えてしまうバンドサウンド。ケルトやメンバー自国の伝統民謡、オリジナル曲ともにその中でじっくりと進化を遂げた確かな音楽は、心地よいコーラスワークと緩急を織り交ぜるスタイルでダイナミズムに構成され、アイリッシュやワールドミュージックからロックリスナーまでをも楽しませてくれる。 また、こどもからお年寄りまでをも引きつける彼らのライブパフォーマンスは、約1年の路上ライブで15000枚以上のデモ音源を売り切ってしまったというほど。 耳に触れた瞬間に酒を片手に踊りだす魔法をかけるかのような、異国各地から運ばれてきたJOHNSONS MOTORCARの音楽は、いまここ日本で、万国の老若男女を無条件に楽しませる。


ズクナシ


唯一無二のジャパニーズウーマンソウルバンド。 ギラギラ衣装でのステージは圧巻。リアルグルーヴと見事なコーラスワークで人の心を歌い踊り、2002年結成から今に至るまで、会場中を感動と笑いと熱狂の渦へ巻き込んできた。 FUJI ROCKをはじめ、数多くの野外フェスに出演。 2011年3月、SXSWを含むアメリカ7都市10公演のツアーに参加。東日本大震災直後の渡米で、溢れる思いを込めた日本語の歌は国境を越え、各地で感嘆と賞賛の嵐が巻き起こり大反響を呼ぶ。 帰国後にもアルバム制作、イベントSOULBOOK開催、140本を超える全国ライブツアー、2度に渡るメキシコツアー等精力的な活動を続け、 加藤登紀子、大西ユカリ、千尋はじめ様々なアーティストのバック演奏も重ねてきた。 2016年6月、衣美の出産を機に1年間の産休に入る。そして2017年初夏、いよいよ活動再開。 人との出会い、音との出会いを繋げ、 今なおその輪は広がり続けている。

ズクナシ動画


Venue Vincent

伊原anikki広志さん (Gt) 、長崎真吾さん(Gt) によるギターDUO「Venue」に2016年、パーカッション西岡ヒデロー、タップダンスSARO(サーロ)加わりVenue Vincent(ベニュービンセント)と改名。

▼ギターDUO  
Venue、JUJUやCOMA-CHI、Kyoto Jazz Massiveなどのライブサポート、数々のスタジオレコーディングをこなす伊原"アニキ"広志さんと、Spina B-ILLやCHAN MIKAのライブサポート、スタジオレコーディングで多忙な長崎慎吾さんによるアコースティックギターデュオ。2014には1stアルバムも発表しミニツアーも行いました。

▼パーカッション&トランペット西岡ヒデロー
トランペットとパーカッションの両方をこなす。CENTRALというガレージサルサバンドとConguero Tres Hoofersがホームグラウンド。 これまで関わった主なアーティストは、BINGO BONGO、Love Tambourines、真心ブラザーズ、奥田民生、ムッシュかまやつ、和田アキ子、松浦亜弥、井手麻理子、YUKI 、Chemistry、奥山美奈子、eico、Little Big Bee、須永辰緒、Crazy Ken Band、Tom&Joice、KYOTO JAZZ MASSIVE、DJ KAWASAKI、藤井リナ、ROOT SOUL、Mano Arriba、金原千恵子、土岐麻子、青木カレン、由紀さおり、キマグレン、卍LINE、などアンダーグラウンドからメジャーまで多岐にわたる。

▼タップダンサーSARO(サーロ)
ソロワークをはじめタップを音楽として多数のバンドに所属。他、振り付け、演出,モデルで活動。 9才でタップダンスに出会い、10代後半までシアタースタイルタップを宇海光耀に師事。のちに、パーカッシブなリズムスタイルに出会い、オリジナルで音楽的なタップを目指し、日本、NY、インド、オーストラリアなどで学び、より音楽的でコミカルなタップスタイルを確立。ジャンルを問わず、国内外のアーティストとコラボレーションしている。香港のカウントダウンイベントにゲスト出演。2009.10年にギターリストMIYAVIのサポートメンバー『kavki boiz』として、3枚のCDをリリース。日本、世界ツアー(計14カ国)に参加。MIYAVIと共に、UNIQLOにCM楽曲を提供。総合格闘技『DREAM』のオープニングムービーに総合出演。Conguero Tres Hoofersとして、2枚のCDをリリース(共にiTunes jazz chartで一位を獲得。)、FujiRock二年連続出演、NHK BS『エルムンド』出演、同局「ザ少年倶楽部プレミアム」KAT-TUNタップシーンに振付け。 フランスのTV program 『jazzed out』 出演。様々な日本ツアーを経て、2014年にはヨーロッパツアー中パリジャパンエキスポ出演、台湾でのミュージックイベントにゲスト出演と、タップダンサーの枠を超えミュージシャンとしての活動の幅も広げている。2015年には、Asean Japan TV festival 2015 日本代表パフォーマーの一組としてとしてパブリックステージ、レセプションパーティーに出演。


Venue Vincent動画
HP



TOP▲